婚約指輪は誰が買う?

結婚指輪(マリッジリング)は、婚約指輪(エンゲージリング)とは違うものです。婚約指輪の支払は男性が持つというのが一般的なようです。しかし、結婚指輪はどうなのでしょうか。

男女が結婚するとき、神様へ愛を誓う証として結婚指輪を購入します。婚約指輪の場合、ほとんど支払いは男性の役目と考えて良いでしょう。男性がジュエリーをつけているというのもほとんど光景として見ることがありません。やっぱり、結婚指輪も含めてリングは、女性のものという認識がされている傾向があります。

ただしまだまだ結婚指輪は夫婦のものという考えが一般的なようです。結婚指輪を購入する場合、お互いでパートナーの結婚指輪を購入し、贈り合うというのが一般的スタイルです。結婚指輪は、折半という考え方です。

全額男性が支払うケースでは結婚指輪も、婚約指輪と同じようなものと考えることが出来て、判りやすいという面もあります。女性は男性が支払いしてくれるならそれで良しと考えているのではないでしょうか。男性は、もともとそのような情報に無知であり、ただ女性に従っているようなところもあります。この流れの方も今後簡単には消滅しないかもしれません。

それは今後の夫婦生活を占っている行為かもしれません。男性がフェミニズムよりそのようなことをしているのなら、そんな紳士的装いは長い夫婦生活でそれ程長く続きませんし、かかあ天下を押しつけられているのなら今後がより不安です……。